ホーム > 医院案内 > ご挨拶

ご挨拶

からすま和田クリニック院長
和田洋巳

私は37年余京都大学呼吸器外科を中心にがん治療、特に肺がんにおいて外科治療、抗がん剤・放射線治療等に関わってきました。その中で一番感じたことは、この治療は「自分ががんになったときに受けたい治療だろうか」でありました。

2006年末に、第47回日本肺癌学会学術集会会長になったのを機に、「自分や家族が患者になったときに受けたい治療の創造」「患者さん,個人に合った『QOLを保った抗がん剤治療』」をテーマに考えてまいりました。そして「強い抗がん剤治療には限界があり、特に術後は副作用のほとんどない治療を受けるべき」と結論に至りました。

今はさらに「患者さんの免疫力を上げ、体力を保ちながら抗がん剤治療を行うほうがいいのではないか」と考えています。

大学職を退いてからは「自分の考えに共感してくれる患者さんと一緒に治療について考えていきたい」と長年の思いを実現するため、当クリニックを立ち上げました。

 

和田洋巳プロフィール

京都大学医学部卒業 医学博士
京都大学名誉教授
日本多国間臨床機構(JMTO)理事長
ACCPリージェント アメリカ胸部疾患学会日本支部代表
日本外科学会 特別会員
日本胸部外科学会 名誉会員
日本呼吸器外科学会 名誉会員
第47回肺がん学会会長
肺がん学会 名誉会員
株式会社WIKOM研究所 代表取締役